History

マリーアントワネットの歴史

Marie-Antoinetteの生涯

ルイ16世王妃
マリーアントワネット

マリーアントワネットはフランス国王ルイ16世の王妃です。14歳で結婚をし、18歳でフランス王妃へとなりました。

贅沢の粋を尽くしたと言われているマリーアントワネット。彼女は、離宮「「プチ トリアノン」で音楽等の趣味を楽しみましたが、中でもバラに関しては強い愛情を示し、果てはバラの育種まで行っていました。

フランス財政を圧迫した
浪費家

マリーアントワネットはとにかく贅沢を好んだため、フランスの財政を圧迫し、これが民衆の不満をあおり後のフランス革命へとつながったという説もあります。

が、当時の王妃としては一般的だった自らのために城を建築することもなく、宮廷内で貧困にあるものを積極的に助けるため募金を募ったり、自らの子どもにはおもちゃを我慢させる等の側面もあったとのことです。

 

ルイ16世
とマリーアントワネット

マリーアントワネットとルイ16世の夫婦仲はとても良いものでした。

しかし、ルイ16世は当時国王に認められていた側室、愛人を1人も生涯において作りませんでした。当時の国王は側室・愛人を複数持つのが一般的であり、その女性たちに民衆の不満は分散されて向けられるものでした。が、これを1人もルイ16世が持たなかったため、民衆の不満の矛先は正妻マリーアントワネット1人に向けられることとなったのです。

フランス革命と
刑死

民衆の不満が爆発してフランス革命が起こると、マリーアントワネットは国外に逃亡することを決意します。

しかし、逃亡の際に豪奢な(そして足の遅い)ベルリン馬車に乗ることを主張して譲らず、それが原因で逃亡は失敗していまいます。結果、革命裁判によりギロチンとなり、37歳の若さでその生涯を閉じました。

Potager du Roi a Versailles

ヴェルサイユ「王の菜園」

ベルサイユ宮殿 王の菜園

現存する王の菜園

王の菜園とは、1678年から83年にかけてルイ14世の命により造られた菜園。ベルサイユ宮殿内にあり、今でも現存します。

出典:http://www.clg-pergaud-maurepas.ac-versailles.fr/spip.php?article69

一般公開されています。

かつて上流階級のみに入園を許された庭園は今日、一般公開されています。450種以上の果樹と、その年によって300から400種の野菜が栽培されています。オリジナル マリー・アントワネットロゼクィーンズセレブレーションは、この王の菜園でそだったバラとリンゴを使ったロせスパークリングワインなのです。

出典:http://ovninavi.com/698_balade/

Flavor / Taste

ROSE

オリジナル マリー・アントワネットロゼクィーンズセレブレーションは、ヴェルサイユ宮殿内の王の菜園で育ったバラで香り付けされています。マリーアントワネットがこよなく愛したバラが王の菜園には今もまだ残っており、そのバラの香りがあなたのグラスに注がれます。

Apple

バラだけではなく、ヴェルサイユ王の菜園で育ったリンゴも加えられています。オリジナル マリー・アントワネットロゼクィーンズセレブレーションを口に含むと、バラの香りだけではなく、口いっぱいに爽やかな甘い香りが広がります。